マツエクガール必見!メイク落としの方法を詳しく紹介!
  1. マツエクガール必見!メイク落としの方法

マツエクガール必見!メイク落とし方法

オイルタイプはNG!

オイルタイプはNG!

マツエクって一度やってみると毎朝マスカラを塗る時間が短縮されて非常に魅力的ですよね。忙しい朝のメイク時間を短縮できるのはとても助かります。ですが、マツエクをしているならメイク落としをするときに注意しなければならないこともあります。

まず、オイルクレンジングを使ってはいけないということです。オイルタイプのクレンジングってメイクや汚れがスッキリ取れるので楽ですが、マツエクのグルーは油分に弱い性質を持っています。なので、オイルクレンジングを使うと取れやすくなってしまうんです。1日だけではそう変わらないように思うかもしれませんが、1週間、2週間と使い続けているうちに持ちが悪くなるのでオイルクレンジングは使わないようにしましょう。

目元はこすらないように優しく

目元はこすらないように優しく

オイルクレンジングではなく、水性ジェルタイプやリキッドタイプなどを使っていれば全く問題はないかということそうでもありません。マツエクをしている場合、メイク落としをする際に気をつけるべきことがあって、それが目元をこすらないようにするということ。マツエクをしているとあまり触らないように意識すると思いますが、実はマツエクで使用するグルーは24時間で完全に乾いているため、触っても大きな問題はないんです。

ですが、「触る」と「こする」は別問題。マツエクをしている状態でごしごしこすってしまうと、折れの原因になったり、取れるのが早くなったりします。逆に、クレンジング等でこすらないようにすれば刺激も減るため毛量の増加にもつながり、まつげが増えることもあるんです。

細かいところは綿棒で!

メイク落としをする際の注意点としてもうひとつ気にしていただきたいのがコットンの使用です。メイク落としでコットンを使う方は多いと思いますが、マツエクをしているときはコットンの使用はおすすめできません。なぜかというと、コットンの繊維がエクステンションに引っ掛かってしまうためなんです。コットンがまつげの根元に引っ掛かるとマツエクが取れる原因にもなるため使わないようにしましょう。

そのための対応策としておすすめなのが綿棒を使うことです。綿棒ならコットンよりも面積が小さいので、エクステンションに触れないように目元の汚れを落とすことができます。このとき、コツとしては目頭から目尻に向かって動かすことと、黒くなってきたらすぐに新しい綿棒に変えることです。そうするときれいにメイクを落としつつ、マツエクも長持ちさせることができるようになりますよ。