クレンジングはお風呂派?洗面台派?どっちがいいの?

クレンジングお風呂派?洗面台派?

クレンジングはお風呂派?洗面台派?

クレンジングはお風呂派?洗面台派?

皆さんは帰宅後、いつクレンジングをしているでしょうか。生活のリズムによってもクレンジングをするタイミングは違ってくると思いますが、お風呂の中でメイクを落としているという方にはおすすめの方法があります。それが、入浴の最後にクレンジングをすること。お風呂に入ってすぐにクレンジングをするとデメリットもあるのですが、最後に行うようにすればデメリットがなくなり、メリットが多くなります。

お風呂に入ってすぐだとあまりメリットがないのは、まだ毛穴が開ききっていないためです。皆さんも湯船につかっていて毛穴がじんわり開いていく感覚を感じたことがありますよね。そうやって湯船をスチームとして使い、肌がゆるんでいる状態でクレンジングを行うと毛穴の奥の汚れまでゴシゴシこすらなくても簡単に取り除くことができます。

お風呂に入る前に洗面台でメイク落とし

お風呂に入る前に洗面台でメイク落とし

お風呂に入る前にメイク落としをする方もいると思いますが、このとき注意しなければならないのが乾燥です。これはお風呂でメイク落としをする場合も同様なのですが、洗顔を済ませてから湯船につかった場合水分が蒸発していくため、乾燥しやすくなってしまうんです。

お風呂は湿度が高いから大丈夫、という油断は禁物です。お風呂に入る前や入った直後にクレンジングを行えば、入浴している間中ずっと肌は無防備な状態。クレンジング後は肌に油分が残っていないため乾燥しやすく、乾燥すれば角質も硬くなります。すると化粧水も馴染みにくくなる、という悪循環。保湿はクレンジング後3分以内に行うことが理想的なので、クレンジングを行ったらすぐに化粧水や乳液で保湿が行えるようにしておきましょう。

お風呂上りには汗が引いてから保湿を

ただし、お風呂の中でクレンジングをする際にはこの「すぐに保湿」のルールが完全には当てはまらないことがあります。お風呂上りすぐに保湿をしたことがある方は経験したと思いますが、お風呂から上がってすぐって汗と混ざってしまうんですよね。汗をかいているところにいくら化粧水をつけても浸透していきませんし、化粧水の濃度も低くなります。

また、汗がいつまで経っても止まらないからといって、クーラーなどで無理矢理身体を冷やすことはおすすめしません。汗は身体の中に熱を溜め込まないために出ているものなので、扇風機などで自然に蒸発させることが望ましいです。

化粧水をつけるタイミングで最も効果的なのはお風呂上がりすぐと汗が引いてきてからの2回です。つまり、汗で流されてしまうとしても最初に水分の蒸発を防ぐため保湿は行い、汗が引いてきてからもう一度保湿をするんですね。こうすると乾燥を防ぎ、うまく保湿を行うことができます。