肌がダメになる添加物入りのメイク落としとは

添加物入りのメイク落としを使い続けるとどうなるの?

そもそも添加物とは?

そもそも添加物とは?

私たちの身の回りにあるものにはたくさんの「添加物」が使われていますよね。食品添加物であったり、シャンプーやトリートメント、洗濯洗剤にも添加物は含まれています。そして化粧品にもやはり添加物は含まれているんです。

添加物と言われてもピンとこない、という方は「石油系界面活性剤」や「防腐剤」と聞けばイメージが湧くのではないでしょうか。もっと具体的にいうと、「カルニチン」や「パラベン」などが挙げられます。

これらの添加物が時に身体に悪影響を及ぼすということは徐々に認知されるようになってきているものの、「この成分が危険だから気をつけて!」なんて言われても聞き慣れない単語ばかりで覚えることも一苦労ではないでしょうか。しかも添加物には非常に多くの種類があって、危険のある成分を表示から探すだけでも大変です。

しかし添加物によっては肌に刺激を与えたり、健康に害を及ぼすものもあるので注意しておきたいところです。なのでここでは製品に含まれていることが多く、特に刺激を感じやすいものをまとめました。これらの成分が入っていたら注意しましょう。

石油系界面活性剤

ステアリン酸PEG、イソステアラミド、オクチルドデセス、ジオレイン酸PEG、脂肪酸グリコール、トリステアリン酸PEG、ヘキサエルカ酸スクロース、ラノリン脂肪酸PEG、ポリクオタニウム、セチルピリジニウヌクロリド、塩化メチルロザニリン、ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、ヤシ脂肪酸TEA、カルニチン、ステアリン酸TEA、ラウリルグルコシド、エチルアルコール

防腐剤

パラベン類

合成溶剤

PG、DPG

合成着色料

タール系色素

メイク落としはスキンケアアイテムの中でも添加物が多い

化粧品にも添加物が含まれている、とお話ししました。肌への負担を考えた際に大きな問題となるのが添加物ですが、化粧品の中でもメイク落としは石油系界面活性剤などの量が多くなっていることはご存知でしょうか。

その理由はメイク落としにオイル系の製品が多いためです。石油系界面活性剤は油分と水分を溶け合わせるために使用されます。ファンデーションなどの油分を含む化粧品は油分で浮き上がらせますが、洗い流すには水分が必要になります。ところが油分と水分は本来溶け合わないので、石油系界面活性剤を使って油分と水分を乳化させ混ぜ合わせるんです。

添加物が多いということは、その分肌にかかる負担に気をつけなければいけないということです。メイク落としにはクレンジング力が不可欠ですが、肌に負担をかけてしまうのでは意味がありません。また、洗浄力が高いメイク落としほど石油系界面活性剤の割合も多くなりますから、負担も大きくなるといえます。

石油系の添加物は特に要注意!

石油系の添加物は特に要注意!

そして添加物の中でも特に避けたいのが石油系の合成石油系界面活性剤で、肌への負担が非常に大きいので注意が必要です。

低コストでの製造が可能なため使用している製品が多く、無意識に使っていると思わぬトラブルを引き起こすことがあります。石油系の合成石油系界面活性剤のトラブルで代表的なのが経皮毒の事件ですよね。石油系界面活性剤が直接経皮毒とつながると言いきることはできませんが、それでも洗浄力が強力すぎて肌の皮脂を落とし過ぎてしまうと肌荒れのもととなるケースもあります。

このように添加物による肌への負担やトラブルは拭いきることは難しいので、石油系界面活性剤が全く使用されていない製品を選ぶのが最善です。最近では「石油系界面活性剤不使用」や「パラベン不使用」などを明記している場合も多いので、そういった表記を目安にしつつ、添加物表記もきちんとチェックするようにしましょう。