「いちご鼻」もメイク落としで綺麗になるって本当?

いちご鼻のボツボツもメイク落とし綺麗にできるの?

いちご鼻って?その原因とは?

いちご鼻って?その原因とは?

「いちご鼻」って誰かに言われてとても恥ずかしい思いをしたことはありませんか?

もしくは身近にいちご鼻の人がいるけど、なかなか言い出せない・・・といった方は多いかもしれません。私も中学校の頃、びっくりするくらい鼻にブツブツが出ているいちご鼻の女の子がいて、「絶対に自分はこうならないようにしよう」と心に誓ったものです。

いちご鼻というのは、毛穴に皮脂や古くなった角栓が詰まってしまった状態のことをいいます。これが時間が経って毛穴が酸化するとブツブツが黒くなり、まさしくいちごになるわけです。

しかし、いちごという名称とは裏腹に見栄えは非常に悪いですよね。いちご鼻になる原因は主に皮脂や角栓が溜まるためというのは先ほどお話しした通りで、毛穴に溜まった皮脂や角栓を取り除く必要があります。

ですが、間違ったケアを続けていくとさらにひどい状態に悪化させることになるので注意が必要です。そこで今回はメイク落としでいちご鼻を解消するための秘訣について説明していきます。

洗浄力はどう?

メイク落としはいちご鼻の原因となっている皮脂や角栓を取り除くために効果的です。メイク落としは当然メイクをしっかり落とすことが目的ですから、相応の洗浄力が求められますよね。しかもいちご鼻改善のためなので、いつも以上に洗浄力は重視したくなってしまいます。

ですが、洗浄力だけを見てメイク落としを選ぶと、かえって肌トラブルの原因となったり、いちご鼻を悪化させることになりかねません。特に石油系の界面活性剤が含まれたメイク落としは洗浄力が強力過ぎて肌のバリア機能まで壊してしまい、肌の乾燥や毛穴の詰まりを引き起こす場合があります。逆に保湿力が高いクリームやミルクタイプのメイク落としは肌への刺激は少ないものの、いちご鼻の原因となっている毛穴の奥の皮脂などは落としにくいため不向きです。

いちご鼻改善を目的にメイク落としを選ぶのであれば、洗浄力が高いオイルタイプやリキッドタイプのものを選ぶのがおすすめです。

指で鼻をゴシゴシこすってない?

指で鼻をゴシゴシこすってない?

メイク落としでいちご鼻改善のために高い効果を得るにはもう一つ大切なポイントがあります。

それは洗顔をするとき、絶対に鼻をゴシゴシこすったりしないことです。鼻は皮脂分泌が多いので、どうしても皮脂を落とそうと一生懸命こすってしまいがちです。しかし、洗顔時に鼻をこするのは皮脂を落とすと同時に毛穴を広げることにもなるんです。

どんなに皮脂を落としても、毛穴が広がったまま締まらなければまたすぐに汚れを溜め込んでしまいます。そのため、メイク落としはこすらないでなじむものを選ぶようにしましょう。

おすすめはテクスチャーにとろみのあるタイプのメイク落としです。テクスチャーにとろみのあるタイプだと適度に肌の上に留まってくれるので、手でこすったりすることなくなじませることができ、毛穴の奥の皮脂までしっかりと浮かせられます。

鼻は顔の中でも目立つパーツなので、しっかりお手入れして綺麗な状態を維持しておきたいですね!